会社概要

商  号    株式会社小林太郎鉄工所
代表取締役     小林輝與彦
創  業    1948年(昭和23年)9月
設  立    1982年(昭和57年)2月18日
資 本 金     2,000万円
年  商    2億9千万円(平成30年3月)
役  員    2名
従業員数    30名(パート含む)
事業内容    薄板精密板金加工、組立製作、金型冶工具製作
所在地
本  社    〒920-0055 金沢市北町乙46番地8
        TEL 076-231-1053

津幡工場    〒921-0345 河北郡津幡町太田ア3-2
        TEL 076-289-5550 FAX 076-289-5560

主要顧客    PFUテクノワイズ梶A北菱電興滑J発部、KOKUSAI ELECTRIC
                       シグマ光機梶Aサンケン電気、森長電子

主要製品    情報機器関連、工作機械関連、半導体製造装置関連
                   光学機器関連、金型冶工具

主要仕入先   福栄鋼材、南商店、北市商店

主要材料     表面処理鋼板、鋼板、カラー鋼板、ステンレス、アルミ
                    その他

会社沿革

1948年(昭和23年)9月   石川県金沢市長田本町ハ35番地に於いて、故・小林太郎が鉄工所を創業
               切削加工を主に下請けする
1955年(昭和30年)      自動車板金を手がける、金産自動車(現在の潟gランテックス)取引開始
1959年(昭和34年)     繊維機械の板金を手がける、北陸機械
1972年(昭和47年)     ユーザック電子工業(現在の咳FU)と取引開始、OA機器のフレーム・
               カバーを製造する、長田本町ハ51番地に第2工場を建設する
1978年(昭和53年)     潟Aマダ製のNCタレットパンチプレスを導入し合理化をはかる
1982年(昭和57年)2月   法人組織化する
1987年(昭和61年)    町名変更にともない本社住所が駅西本町1-7-17となる
1989年(平成元年)1月    創業者で初代社長小林太郎が78歳で他界、妻小林貞子が二代目社長に就任
1990年(平成2年) 7月   二代目社長の小林貞子が73歳にて他界、長女小林美枝子が三代目社長に就任
              津幡町太田ア3-2に工場建設を計画
1992年(平成4年) 5月   津幡工場竣工、移転、自動倉庫とマニプレータを新設、C.Iを導入、現在に至る
2001年(平成13年) 6月   四代目社長に小林輝與彦就任、小林美枝子は会長に就任
2002年(平成14年) 4月    環境活動評価プログラムに参加登録する
2004年(平成16年)    NCT 6Mが致命的な故障によりEM2510NTに入れ換える
2005年(平成17年)    レーザー加工機をLC-2415αVNTに入れ換える。
               4月にエコアクション21を認証・登録
2007年(平成19年)    3月 アマダVPSS(バーチャル試作システム)を導入(ASIS100PCLサーバー、AP100
               EM258NT、HDS5020NT)
2010年(平成22年)4月   本社を、金沢市北町乙46番地8に登録変更
2015年(平成27年)11月  エコアクション21 認証・登録制度10周年記念式典にて感謝状を賜わる
2018年(平成30年)9月  会社創業70周年記念




会社案内

トッ

設備一覧

製  品

参加活動